趣味中心に、折々のこと。

たまにしか書きませんが、少しずつ頻度をあげられるようなかたちを模索中。

2017年、現段階でのアイドル関連雑感。

Negicco
日程と自分の予定のタイミングがなかなか合わなくて、いまは小休止、という感じ。これを書いている日の夜がツアーファイナルなんだけど、行けないのは素直に残念で。絶対楽しいに決まっているのに。ツアー初日の新潟は最高に楽しかった。

RYUTist
先日タワーレコード新宿店でおこなわれた「Record Store Day~バニラビーンズ×RYUTist×The Pen Friend Club合同インストアイベント」を観てきました。関東で観られるのはいまだ貴重なため、嬉しかったです。セトリは以下の通り。公式ホームページからお借りしました。

0. おはよう-ルート113
1. 海岸ROADでオトナッTunes!
2. Blue
MC
3. ラリリレル

この前にThe Pen Friend Clubの演奏で「ふたりの夕日ライン」を。バニラビーンズもひさしぶりだったので、インストアイベントながら相当満足しました。春のどんどんも行けなさそうですし、何かのタイミングでまたHOME LIVEを観に古町に行きたいです。

■アイドルネッサンス
これもゴールデンウィーク中のワンマンを観に行けず、しばらく距離を置いて落ち着かせる時期かなあ、と思いつつ。初のオリジナル曲「交感ノート」は小出節炸裂の歌詞がすんなりハマるかなりいい曲だと思っているのですが、それ以外のオリジナル曲はどうなるんだろう……。まあ、またタイミングが合うときに行くこともあるでしょう。

■48/46
応援しているメンバーの生誕祭に無事に参加できたのでいまひと区切りついた感じ。各地の行ける劇場に応募しつつ、緩く楽しんでいきたいと思っています。あ、もちろん総選挙はどこか別の世界でおこなわれているイベントとして、僕の生活には関係ないものとして見做しています。がんばってください、くらいの。

■スターダスト関連
私立恵比寿中学のライブが5月中旬に控えているのですが、いま一番楽しみで、かつ一番観るのが怖い。チームしゃちほこはニューアルバムの音源はチェックしましたが、もっとも好みだったのが「ベイビーミソカツ」だったあたりお察し、という感じです。ちなみに次点は「翼を授けてグローリア」。ニューアルバムはまだ聴き込めていません、と言い訳。ほかのグループに手を出す余裕は現時点ではなさそう。

という現状整理でした。なんか興味がほかに分散するかもしれないし、上に書いたのはあくまでざっくりまとめただけなので、今後どうなるかわからないけど、あとから読み直してこんなこと考えていたのか、という個人的な楽しみのために記しておきます。

NGT48

2017年4月26日(水)
開演:18:30~
NGT48 チームNIII「パジャマドライブ」公演
高倉萌香生誕祭

■出演メンバー
荻野由佳・小熊倫実・加藤美南・佐藤杏樹
菅原りこ・高倉萌香・太野彩香・西潟茉莉奈
長谷川玲奈・本間日陽・村雲颯香・山口真帆
山田野絵・清司麗菜・中村歩加・奈良未遥

Mobile/77番/2順/B-13

応援しているメンバーの生誕祭でこんないい順目で呼ばれたのは初めてかもしれない。
基本的に席運が悪いのですが、すべて帳消しにしてなおあまりある楽しさでした。われながら簡単すぎる。

生誕祭の手紙は2通。最初はおばあさまからのもの。失われた幸せな時間を想像するにあまりあるあたたかいもので、いささかキツかった、聞きながら。当たり前だけど、普通の女の子としての生活を犠牲にして彼女たちは活動をしている。一辺倒にやりたいからやってるんだろう? とは片付けられない。

指原莉乃さんからの手紙はあとから考えると予想可能な範囲内ではあったが、やっぱり驚いたかな。内容は良くも悪くも指原節。貴女が書くような単純なセンター奪還物語にはならないんじゃないだろうか……とは思う一方で、「昔萌香がセンターに立った頃に思っていたことをいま同じように思っている誰かがいる(大意)」は指原莉乃その人が言わないと意味を持たないかもしれない。

そういやかとみなの前宙を久しぶりに観た。近くで観るとこんなに迫力あるのか。とはいえ全体的にはいささか疲れ気味? もう少しおとなたちはかとみなを大切にしたほうがいいと思うけど、そんな平凡な感想では片付けられないかのようなプレッシャーも挫折も彼女にはあるんだろうなあ……。

高倉萌香その人についても現時点で思うことを。ともかく思っていることを口になかなか出さないし、出しても伝わりづらいのは結構ディスアドバンテージだろうなあ、と思う。そういうところに感情移入するひとが太いファンになる可能性が高いような気がするので、そのあたりうまく考えていることと感情の折り合いをつけて発信するところは発信するほうがいいのかもしれません。ともかく試行錯誤しながら少しずつ前進している様子が見えるから、応援していて楽しい対象のひとりであることは大いに保証します。

みたいなことを考えていた。
ともかく、最高に楽しい時間でした。

NGT48

■NGT48デビューシングル「青春時計」発売記念 ミニ握手会
アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ・メインステージ
トーク&ミニライブ/12:00~
握手会/13:30~

○参加メンバー
荻野由佳、小熊倫実、加藤美南北原里英
佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香
中井りか西潟茉莉奈長谷川玲奈、本間日陽
村雲颯香、山口真帆、山田野絵

参加してきました。配布の日に所用で休暇を取っていたので整理券を入手できたので。

ライブは3曲。
01:Maxとき315号
MC(自己紹介)
02:青春時計
MC(収録カップリング曲紹介)
03:暗闇求む

その後は握手会。
山田野絵・高倉萌香・山口真帆レーンに一枚行って、会場を離脱しました。
楽しかったけど、暑かった。案の定日焼けして、翌日職場で言い訳がいささか面倒でした。

デビュー当日におこなわれたみなとぴあでのイベントに行けなかったので、こちらには参加できてよかった。
あらためて、デビューおめでとうございました。

アイドルネッサンス、NGT48

少しあいだがあいてしまいました。
いくつか行ったところについて備忘的にまとめます。

 

■アイドルネッサンス
2017年4月2日(日)
レギュラー公演「シブヤでオリジナルネッサンス!!」
渋谷WWW X
17:15開場/18:00開演

アイドルネッサンス、初のオリジナル曲「交感ノート」披露。
歌詞カードをもらったのであとから読み返してみたが、リリカル過ぎるときの小出くんのセンスがうまく彼女たちに合致した感じ。曲自体は「Partition Love」を初めて聴いたときのような。あ、全然似てはいないんだけど。

 

■NGT48
2017年4月9日(日)
「MyGirl Vol.17お渡し会」
紀伊國屋書店新宿本店
13:40集合/14:00開始

お渡し会のメンバーに応援している高倉萌香さんがいたので。
顔を合わせて気づいてくれる、というのはやっぱり嬉しいものです。
お渡しなので何をがっつくこともなく、淡々とありがとうありがとうと雑誌を受け取って退散。

 

そんな二週間でした。こうまとめてみるとほとんど何もしていないに等しいような気もするが、あまり深く考えずにまた日々は進む。

Negiccoライブハウスワンマンツアー(初日/新潟LOTS)

■2017年3月25日
Negicco ライブハウスワンマンツアー
「SPRING 2017 TOUR ~ライブハウスのネギ~」
supprted by サトウ食品
新潟LOTS
開場16:15/開演17:00

 

というわけで行ってきました、新潟。
ツアーのセットリストは内緒、ということなので(もともとそんなに記憶力も良くないので助かります)、覚えている範囲で感想などを。以下に出す曲名は、メンバーさんのTwitterなどでつぶやかれているものです。

Negiccoのライブは今年はじめて。飢餓感は完全に飽和状態になっていたようで、メンバーが出てくるのを視認した瞬間に涙が出そうになりました。こんなに待ち遠しかったんだ、自分……と思う間もなくライブがスタート。

・新衣装だ! 青を貴重としたもので、とても似合っていました。ターンするときのシルエットが素敵で、一瞬でも見惚れてしまいます。すぐにまた次の盛り上がりが来るのですが。きれいな、シックな、可愛らしい、衣装でした。褒めすぎ? まあご容赦ください。

・ホーンズの三人が好きすぎて。三人共楽しそうにプレイするし、合間はネギライト片手に振りコピしたり跳んだりでもう最高、という感じでした(彼らはいつもそう、とは言えるでしょうが、ライブハウスだとそれがよく伝わるのでより楽しい、という点においては、明確に乗算される楽しさが違うのです)。しかも今回はそれぞれに本来の担当楽器による見せ場があって、格好良かったです。そう、楽しそうにやれるのはそれだけ技術がしっかりしているから。技術がない人は自分の持ち場をまっとうすることで精一杯になってしまうからね。とある曲で三人が前に出てきてガンガンに煽ったときなどは最高に盛り上がりました。個人的には夢アドとのツーマンのときを思い出すなど(あのときもホーンズのみ参加だったし)。ともあれホーンズ、最高でした。

・アンコールでふと投下された新曲「くちびるにメロディ」。いつしか刻む夕暮れ……は永井真理子ですが、それとはもちろんまったく関係ない(あるかもしれないがまあ些末なところです)connieさん曲、のようです。個人的には『T43』を経た現在、披露される曲はこういう感じになるのか、という感慨が。あ、すごく好みにフィットしたのでした。

という感じで初日。ともかく最高でした。このあとは実はチケットを取っていないのですが、なんとか入手してどこかしら行きたいぞ、くらいにおもわせるほどは刺さったようです。クロークまわりで手こずりましたが、風邪を引かなくてよかった(笑)。

Negicco、RYUTist

 週末、新潟を回ってきました。NegiccoRYUTistです。どちらも最高だったので、なにかしら追加で文章を書きます。

■2017年3月25日(土)
Negicco ライブハウスワンマンツアー
「SPRING 2017 TOUR ~ライブハウスのネギ~」
supprted by サトウ食品
新潟LOTS
開場16:15/開演17:00

■2017年3月26日(日)
RYUTist HOME LIVE #207
ライヴハウス新潟SHOW!CASE!!
開場13:30/開演14:00

原宿駅前ステージ(ふわふわ単独公演)

ひさしぶりに原宿駅前ステージに行ってきました。
どうしても直接観たい曲をやるのがふわふわの単独公演だったので、先着に友人とあわせて、日を変えて申し込んだところ、どちらも取れてしまうという幸運が。金土日計5公演のうち、2公演を観ることができました。

 

■ふわふわ単独公演
「花見月は、よそ見しないで、ふわふわだけだよ!」
2017年3月11日(土)開場15:30/開演16:00
2017年3月12日(日)開場11:30/開演12:00

 

原宿駅前ステージ、熱心に行っていたころからは一年くらい経ちました。
昨年末に久しぶりに行きましたが、変に構えることなくみられたので、また行く選択肢に加えたというのがひとつ。もうひとつ、今も変わらず熱心に通っている友人からの情報で、「TOKYOマジック」なるかなりいい曲が加わったらしいと聞いたこと。この二つの要素があって、申し込むにいたったわけです。

いい曲、ってなんなの……と思っていたんですが、どうやらソロらしいと。
ソロ? じゃあ人気メンバーであるはるる(岩崎春果)とかあいみちゃん(中野あいみ)とか?
違う、と。松崎梨央ちゃんだ、と。

その時点でメンバーとしては認識していましたが、ソロをもらうほどの人気メンバーだったっけ? とか48に毒された頭で考えていました。でも、生で観て頭をぶん殴られたかのようなショックがあって。

ああ、この子は実力でこの曲をもらったんだなあ、と。

松崎梨央ちゃんはともかく歌がうまかったのでした。あとからいろいろと調べたんですが、もともと歌の素養がある子なんですね。情弱ですみません、とか思いつつあらためてすごいなあ、と。彼女が、これまたダンスに秀でたメンバー3人を引き連れてパフォーマンスする「TOKYOマジック」はかなり好みで、一発でお気に入りになりました。おぼろげな歌詞の記憶では、どうも東京に上京してきた子を描いているようで。広島から上京した松崎梨央ちゃんにも重なるところがあるのかな、とか。基本、そういうのに弱いです。

 

ちょっと書きすぎました。まあふわふわは可愛く、アイドル性が高いグループなので、そのほかもずっと楽しくて。いい時間を過ごさせていただきました。っていうか早く「TOKYOマジック」は音源化してください。